2011年05月18日

デコレーション

先日ネタにした小物類をOsprey Body Armourに取り付けてみました。

とりあえず、こんな感じです。右腹にPersonal Mine Extraction Kit。左腰にはPRC152とポ-チにOsprey Bayonet Slipを差しています。全面の3連アンモポーチにはSpeed Loaderを・・・
Personal Mine Extraction Kitは、開いた状態で内蔵マニュアルが見える位置に配置しました。と言ってもこのKitをまず装備しているのを見かけませんが・・(w
多分、日頃はバックパックに入れておいて、地雷を発見した際に取り出して使う様にしているかと・・

でも、PRC152を装備するとグッと今風な装備になりますねぇ~(ww  続きを読む
Posted by フォックスロットデルタ at 21:21Comments(4)装備

2011年05月06日

Personal Mine Extraction Kit

今日は先日紹介したPersonal Mine Extraction Kit(個人用地雷処理KIT)を紹介します。処理というよりは直訳の通り、個人地雷摘出KITという方がいいかもしれません。

これが内容です。マニュアル・ミニサイリュウム(赤・緑)・ペグ(赤・白)・アルミ針金・探知棒です。このKITはMk.2で改良版です。Mk.1はポーチのデザインが違います。
今は銃剣は使わないんですねぇ~(w   続きを読む
Posted by フォックスロットデルタ at 00:39Comments(6)装備

2011年04月30日

Osprey NAVY(CIVILIAN)

以前当ブログで紹介した青のOsprey Body Armourを入手したので紹介します~
軍装といよりは働くおじさんシリーズに近いかもしれませんが・・(w

と、本体形状はMk.2のようです・・が・・??(これに関しては追記にて)MOLLEテープは付いてません。何故かランクスライドだけ残してあります。
MOLLEテープが無い以外は軍用モデルと同じ裁断です。ネックやアームのアーマーも装備出来るようになっています。でも青バージョンにこのパーツが存在するかは謎ですが・・
  続きを読む
Posted by フォックスロットデルタ at 01:24Comments(5)装備

2011年01月25日

TAS Spec Ops Plate Carrier

今日は当ブログに似つかわしく無いブツを紹介します・・(w

英国のタクティカルギアメーカーTemplar Assault Systems(TAS)社製のSpec Ops Plate Carrierです。
あれ?どこかで見た事あるデザインと思われる方が多いと思いますが・・そう!HSGIのWasatch(だと思うんですが・・?)のコピー品です・・(w

で,何故そんなブツを紹介するかというと・・OspreyがMk.2全盛期だった頃,一部の兵士がベスト代わりにこの手のタクティカル用品をMk.2の上から重ね着していました。

こんな感じです。これは同じくTASのRACVだと思うんですが・・要はCIRAS(胸にクイックリリースハンドルがあるのでMaritime version?)のコピーですね・・
ちなみに,同じ英国メーカーのWAS(以前当ブログでも取り上げた事あります)製のCIRASのコピー品であるRICAS(ややっこしいですが・・w)をヘンノさんがレポートしています~  続きを読む
Posted by フォックスロットデルタ at 19:20Comments(7)装備

2011年01月17日

王室御用達防弾板着用着

王室御用達はちょっと?ですが・・敢えて英語で書きませんでした・・(w
Prince Harryが着用していて有名になったこの品ですが・・今更入手してみました・・(汗

今更ですが、こんなブツです・・ファステック4ヶ所で固定しており、一応2ヶ所外せばクイックリリース?も可能ですかねぇ~
出回った当初は、米軍用プレートがプレートポケットのサイズに合わず、何のプレートが入るのかと思ってたんですが・・Ospreyのプレート用でした。

ちなみに、Osprey用の実物プレートが入っているんですが・・色々とありまして公開出来ません・・(汗
でも、見てわかるようにポケットにぴったり収まっています。  続きを読む
Posted by フォックスロットデルタ at 23:19Comments(2)装備

2010年12月14日

NVGマウント

久々に英軍ネタです・・

今更ですが・・Mk.6にNVGマウント付けてみました~
  続きを読む
Posted by フォックスロットデルタ at 22:39Comments(0)装備

2010年09月19日

Accessory

今日は久々に装備ネタを・・(笑

Warrior Assault SystemsのSmall Utility / Medic Pouchです。

既にゴテゴテ付けちゃってますが・・(笑 CATと筆です・・CATを止めているゴムはイギリスからの荷物のパッキングに使用されていた物を再利用・・(爆
筆は、銃の機関部の清掃に使われている物だと思っていたんですが、最近の画像を見ると地雷を処理する時に砂をどける為にも使われているようです。
もちろん清掃用とは共用されていないでしょうけど・・意外にこの筆も装備率が高いですね~  続きを読む
Posted by フォックスロットデルタ at 02:27Comments(4)装備

2010年07月20日

40mm Grenade,Bandolier(その2)

全国数名のBandolierファンの皆さんこんばんは・・(爆

先日紹介した、Bandolierですが、やはりこういうポーチ類を持つにはポケットがペシャンコだととてもカッコ悪いですよね~昔は新聞紙を色々と加工してポーチ類を膨らましたものです・・(笑

流石にモスカートを11発も買う訳にはいかないし・・・これだけポケットがあると流石に新聞紙という訳にもいかないので、何かイイ物がないかと思って探したら・・ありました!外径が40mmに近くて丸いくて加工しやすい材質が!!

これです!これが何かと言うと・・水道管の保温材です。商品名は「ライトカバー」というヤツで、カッターで簡単に切れて、何より軽いというのが利点ですね~
サイズはVPΦ13用がぴったり合います。この様にグレネード弾の長さに切って突っ込むだけです・・(爆

と、このように立派な形になります。これで装備すればバッチリですね!(笑


ってこれでネタ?って突っ込みは無しの方向で・・(汗  
Posted by フォックスロットデルタ at 20:19Comments(4)装備

2010年07月14日

40mm Grenade,Bandolier

またまた英軍ネタです。ちょっと前にネタで取り上げたBandolierを入手してみました。

こんな感じの袋入りでした。もう開けちゃった後ですが・・(笑
  続きを読む
Posted by フォックスロットデルタ at 20:27Comments(2)装備

2010年05月24日

CAMELBAK

英軍装備の背中が寂しいので、CAMELBAK風(笑)のバックパックを購入してみました。
しかし、これだけの物が4000円弱で買えてしまうとは・・もちろんファステックや裁断はそれなりですけど・・装備の小物として考えれば十分な出来です。


で、このモデルは何という名前なんでしょう?BFM辺りが近いデザインのような気もしますが・・?
最近の兵士の画像を見ると、ラジオマン以外は、官品以外のパックを背負っている兵士が多いような気がします。やはり、官品よりも市販品の方が使いやすいのはいつの時代もどの国でも同じという事ですかね~


もちろんCAMELBAK・・タイプなので、パックの中にハイドレーションを付ける事が出来るんですが・・意外とバックパックの側面に無理やり取り付けているのを良く見るので、真似してみました。
多分、パックの中にハイドレーション入れちゃうと、水の補給とかする時にいちいち取り出すのがめんどうだからでしょうか??


(笑)
ちなみに、このパックの厚みを出すために入れた物は・・「ASSAULT VEST」・「OSPREY ASSAULT VEST」・「ベルゲンカバー」等々全て英軍装備で・・って何の意味も無いんですが・・(笑

というか、本来の「らしさ」を追求するなら、「Web-Tex 」とかのスモールベルゲン辺りをチョイスするのがいいんでしょうが・・最近の英軍の公開されている写真を見ていると、英軍「らしさ」が薄くなってきてしまっている気がします。個人的には英軍装備は「カッコいい」の前に「ダサい」が付く位がちょうどいいんですが・・(爆

とは言っても、実際のイラクやアフガニスタンの実戦ではそんな事言ってられないので、どうしてもbattle proofされた米軍ライクな装備になってしまうのは致し方無いんですね。  
Posted by フォックスロットデルタ at 23:20Comments(0)装備

2010年05月23日

新型PRRポーチ

ハートROCKに間に合わせようと思っていたPRRの新型ポーチが先日到着しました・・(笑



新型PRRポーチです。全体的にガッチリとした作りになっています。ポーチ背面のBody Armourへの取付方法もMOLLE対応になってます。MOLLEの幅も米軍規格になっているので、Mk.3以降用ですね・・
PRR自体も最近はアンテナが長い新型?になっているようで・やはり交信距離の問題なんでしょうか?レピーター機能があるので、個々の交信距離を長く出来れば、全体でも交信距離を伸ばせますからね~

ちなみに、こちらは旧型です。旧型の方が華奢ですね・・というか、そもそも旧型ポーチは何に取付するのを前提にしてたんでしょう??PLCEのヨークでしょうかね??背面のストラップもかなり簡単な作りだし・・・?!

ちなみに、こんな感じでCATを共締めしているのを良く見ます。


で、Mk.3全体はこんな感じで・・アンモポーチもパチブラックホークにしてみました。これだと弾装の携行本数は5本になっちゃうんですが・・銃に1本付けるので、ポーチは5本分でもOKかなぁ~っと・・(笑
それから、オープンタイプの弾納はポーチ底にスペーサーを入れて深く入らないようにしました。やはり電動ガンのマガジンが寸足らずなのが・・やはり、次世代みたいにフルサイズのマガジンがいいですね~
で、SA80にUGLを装備したので、グレネード弾用ポーチも付けてみました。でも、このポーチは使用例をあまり見ないので・・ちょっと変かなぁ~よくある4連で1つのポーチは胸に付ける場所が無くて・・
腰ベルトに直接付けている写真もあるので・・あとはレッグリグですかね~

というか、このポーチ類のレイアウトを考えているだけも十分楽しいんですがね~(笑


で、予告したSA80UGL付は、HKタイプのフラッシュハイダーを注文してあるので、それが来たら付けてUPします~  
Posted by フォックスロットデルタ at 02:18Comments(0)装備

2010年05月01日

Osprey Body Armour Mk.3(その2)

今日から5月ですね・・あっという間にGWになってしまいました・・

という訳で・・(笑 心岩2010に向けて、Osprey Body Armour Mk.3に小物を付けてみました。
最近の英軍は装備がごちゃまぜなので・・英軍らしいアレンジをすればかなりリーズナブルにそれっぽく装備が出来ます~

こんな感じです。オープンタイプの弾納とアドミンポーチを全面に装備してます。

CATの新型です。こうしてPRRのポーチに共締めして装備しているのを良く見ます。この時間表記出来る白いタブ付は新型で、以前の真っ黒のバージョンよりもマイナーチェンジされてるようです。
ただ、PRRのポーチが旧型ですが・・新型は注文済なんですが間に合うか心配です(笑

こんな感じでアドミンには色んな物を入れてます・・ノート類は、ROEとか現地ガイドブックとか?
もちろんこれはそんなカッコいい物ではなく100均で買ってきたノートです(笑)あえて目立つ色にしてあります。
コンパスはアウトドアショップで・・ペンは米軍官品のボールペンです。アドミンのポーチに入ってるのは、ナイロンハンドカフを入れてあります。
英軍は米軍のようにMOLLEに刺してるのを見ないんですが、多分使っているだろうという事で・・(笑

それから意外に付けてる兵士が多いのがアドミンの脇の「筆」です・・これは銃の機関部等の清掃に使用してるらしいです。イラク派遣されていた陸自の隊員は歯ブラシが多かったですが・・(笑  
Posted by フォックスロットデルタ at 15:24Comments(3)装備

2010年04月15日

Osprey Body Armour Mk.3

最近の英軍は、MTPにOsprey Assault body armourにMk.7と最新装備が目白押しですが・・個人的には英軍らしさがだんだん薄くなってきてしまっていて残念です・・・
という訳で、Osprey Body Armour Mk.3を買ってみました。この過渡期的装備が個人的には英軍らしさを残していて好きです。



この画像を見て、英軍マニアの方は何か気が付きました・・・・??

↓こちらがMk.2なんですが・・・そうなんです!MOLLEテープの幅が米軍規格になっているんですよ~やっと英軍も2種類の装備を混在させる弊害が分かったようです・・(爆


細部を細かくみてみると、かなりマイナーチェンジされています。まず外見で一番の違いは、肩パットが付いた事ですね。


それから、対弾プレートのポケットも補強されています。Mk.2では上からプレートを入れる構造なんですが、プレートの重みでポケットの底が抜けてしまうようで、補修跡があるのをよく見かけます。Mk.3では下からプレート類を入れるようになっており、ポケットのフラップも2重に閉まるようになっておりかなり補強されています。それから、プレートとフィラーを分けて入れられるように仕切りもついてます。」
↓写真は、銀マットがフィラー、お風呂マットがプレートのつもりです・・(笑


あとは、アーマーの脇腹部にも一応ポケットがついており、脇腹用のプレートを入れられるようになっているみたいですが、この品物にはプレートを挿入していた痕はありませんでした。


デコレーションはこんな感じで・・・(笑


当たり前なんですが全体的に、Mk.2よりもデザイン的にも防御力的にも向上している印象を受けました。アーマー類の隙間が少なくなっており、当初の開発目的であるIED対策用から、より個人防護能力の向上が図られているようです。  
Posted by フォックスロットデルタ at 23:44Comments(2)装備

2009年10月23日

Mk.6ヘルメット(その2)

またMk.6ヘルメットです・・(爆)

DDPMカバー、エッジガード、ネット、ヘルメットバンド、NVGマウントをフル装備?した状態です。最近の英軍は頭にゴテゴテと沢山付けるのがナウいようで・・(笑)以前の様にカバーだけというのはあまり見かけないですね・・後は、これにゴーグルを付ければ完璧かと・・ゴーグルはESSのV12が多いみたいですね~
ゴーグルのストラップをカバーのゴムバンドに通して離脱防止にしてますね。

分かりにくいですが、エッジガードも付いてます。これがまた硬くて・・装着するの苦労しました・・
エッジガードと言っても、タダのタイヤチューブを切っただけの物ですが・・(笑)
エッジガードの代りに、布製のテープを巻くのもありですね~
このネットも変な素材で、編んである糸?を網にしてある不思議な素材です。編んであるので、結構伸びます・・

元々、PASGTみたいに、縁にゴムが付いてないので、エッジガードという名前なんでしょうね~
フランス軍でも同じような事してますよね??

こちらは、以前にも紹介した、暴動鎮圧用の防石バイザー付です。こちらも、写真で見かけるのはこのマウントだけ付いてる写真はよく見ます。


このバイザーは防石用の薄いバージョンですが、少し厚めの爆発物処理用?みたいな物もあるみたいです。
こちらもエッジガード付です。  
Posted by フォックスロットデルタ at 22:39Comments(3)装備

2009年10月15日

Waistcoat Mam's

と書くと何のこっちゃ?と思いますが・・タグには、この後に「General Purpose Ops」と書いてあります。
なんで、和訳すると「男性用チョッキ、色んな作戦で使えます用」みたいな?(笑

通称「コンバットベスト」とか「アサルトベスト」を言われてる物です。

英軍用ベスト系の例にもれず、このタイプにもインナーホルスターが付いてます。

左側の下2つがアンモポーチ(各3本で計6本収納可)とユニバーサルポーチ(大・多分水筒用)
その上がメディカルポーチです。
右側の下2つがユニバーサルポーチ(中)2つ、とユニバーサルポーチ(大・多分水筒用)
その上が、ユニバーサルポーチ(小)・・って全部ユニバーサルポーチですが・・(汗

多分、通称「オスプレイベスト」の標準ポーチ取付位置とほぼ同じなので、各ポーチに何を入れるかは
大体決まっているんでしょうね・・

このベストには、元オーナーがカスタマイズしていて、左側のユニバーサルポーチにプラ製のナイフシーツ
が取付られてます。生地は3カラーです。多分、銃剣用に付けたのかと・・


で、背中はお決まりのハイドレーション用のファステックが上下に付いてます。
  
Posted by フォックスロットデルタ at 22:14Comments(5)装備

2009年10月05日

Grab Bag

Grab Bagなる物を入手しました。店によって呼び方が色々ありますね~
ダンプポーチ代わりになる物が欲しかったんで入手したんですが・・


このカバンがあれば、OSPREYには何もポーチを付けなくて良くなってしまいます・・(笑)
マガジン6本と、MOLLEのポーチを側面に増設する事が出来ます。
特殊な部隊の方々が、HK53にこのカバン(黒)をたすき掛けにしている写真が有名でしょうか?


ただ、ダンプポーチとして使うにはちょっと生地にコシが無いというか柔らかすぎて、口からマガジンを入れ辛いという事が判明・・(爆

というか、そもそもダンプポーチとして作られた訳じゃないのでしょうがないんですが・・

しかし、MODのイメージデータベースやその他の画像検索でも、一般兵が装備しているのをあまり見かけない気がします。

この製品は、肩のストラップがかなり長くて、腰回り用のストラップもかなり長いです。なんで、ボディアーマーの下にたすき掛けにして、腰用のストラップを太ももに固定して仕様すれば・・実際にそうやって使用していたような感じです。(ストラップの端末調整の長さ等で・・)



  
Posted by フォックスロットデルタ at 21:53Comments(4)装備

2009年09月11日

Osprey Body Armour その2

さて、明日はアラブ戦です。今回は現用英軍で参加します~

で、Osprey Body Armourに色々と装備してみました・・(w

アンモポーチ3つ、メディカルポーチ、アサルトベストのユニバーサルポーチを無理やり取付、PRR、サイリュウム、EMTシザー等々です・・・Ospreyのアンモポーチは30連マグ2本しか入らないので、3つでやっと6本携行です。


背中には、キャメルバッグを背負ってます。上下のファステックだけで固定なので、ちょっと安定感が無いですが・・(w

英軍の写真見てると、ダンプポーチを装備しているのを見た事無いんですが・・空マグは何所に??

後は、シールドを持って行って暴動鎮圧もやります・・というか鎮圧される側が居ないと思いますが・・(爆  
Posted by フォックスロットデルタ at 23:03Comments(0)装備

2009年08月12日

Mk.6ヘルメット

Mk.6ヘルメット DDPMカバー付です。

最近のアフガン等でよく見るNVGマウント装備仕様です。ESSのゴーグル・ヘルメットバンド・防石用バイザー金具付です。ESSはV12が圧倒的に多いですが・・(汗)あとは、これにエッジガードか、布テープを巻いて、ネットを被せれば完璧ですね・・

最近のヘルメットにゴテゴテ色々と付けてるのはカッコいいですね~英軍もそいう点でもアメリカナイズされてきてますが・・(笑)

  
Posted by フォックスロットデルタ at 20:33Comments(2)装備

2009年08月07日

Osprey Assault Vest

お次は今更感がありますが・・(笑)
通称「OSPREY ASSAULT VEST」と呼ばれているVESTです。


でも、ご覧のとおりタグにはOSPREY・・とは一言も書かれてません・・(笑)

このベストは一時期かなりの人気で、高値取引されてましたけど、最近は価格も落ち着いてきました。
このMOLLEは、米軍と同じ規格でポーチ類は共用出来ます。しかし、何故か実戦では人気が無いらしく殆ど着ている姿を見る事が出来ません・・着ているのは訓練風景が多いみたいです。というか訓練風景以外では見た事ないですが・・(爆)

だから大量に放出されているとも言えるのかもしれませんが・・(笑)多分、米軍を真似して作ってはみたものの使い勝手が悪くて現場では見向きもされないカワイソウな装備と言えるのかも??

個人的にはそこらへんがイギリス風で好きなんですが・・(笑)

でも、収納量がかなり多くて、大量のポーチが付いてきます。面白い物だと、ヘルメットネットポーチというヘルメット用の袋を入れるポーチなんかがあります。  
Posted by フォックスロットデルタ at 01:15Comments(2)装備

2009年08月05日

Osprey Body Armour

やっとOsprey Body Armourです・・(笑)

このフル装備状態で着ている兵士はあまり見かけません・・なので、こいつもボディ部分のカバーの程度が一番悪いです。腕と首はほぼ新品状態でした。首はこれよりも大きいLサイズもあります。一番見かける装着方法はやっぱり本体のみか、本体+首というのが多いみたいです。

標準装備品は、Mag Pouch2個とMedical Pouchです。でも、このMag Pouchって2本用なんで、この状態だと計4本しか携行出来ません。なので、この上からベストを着ている事が多いです。米軍のACUのPouchとか付けている場合もあるようです。


背中もハイドレーションを背負えるように上下にファステックがついてます。肩の後ろ側のArmourは殆ど実際に装備しているのを見た事ないです。プレートが入るポケットの底の部分には補修後が・・プレートが重いので、どうしても破れちゃうんでしょうか・・?(笑)


個人的にこのBody Armourの気に入っている点は、この独自サイズのMOLLEですね・・某自衛隊はアリスクリップ対応のMOLLEですが、それとも違う英軍って・・(笑)

もちろんですが、これもカバーのみで、中身は銀マットとお風呂マットです・・(爆)

ちなみに、全面のEMTシザーは100均です・・これでグリップが赤なら完璧なんですが・・(笑)



  
Posted by フォックスロットデルタ at 20:49Comments(0)装備