2016年06月20日

明治神宮衛視

さてさて・・もう6月も下旬に・・今年は例年になく空梅雨だ・・といいつつも近年は梅雨らしい雨続きの天気なんてあったか?と思う今日この頃です・・

という訳で水不足は神頼みという事で・・(w)今回は明治神宮の衛視を紹介します。 伊勢神宮では衛士(えし・えじと読む)そうです。戦前の神社は国の管理だったので,官吏でした。
現在は宗教法人内の警備部門の警備員としてなので,一般私人扱いですから特別な権限はありません。警備業法上では1号業務がメインな仕事になるんでしょうか?
これで,別に自衛消防隊とかあれば兼務している可能性もありますが・・組織図は不明なので何とも・・(汗

黒羅紗生地?の制帽に濃紺の制服を着用しています。装備は無線機だけのようです。警笛吊り紐等は付けていません。
白手袋はこの撮影時に結婚式の列が通った際の規制をしていたので,一応礼装扱いなんでしょうか?
この制帽の裁断(マチ部分の狭さ)が明治時代の制帽や帝国海軍の裁断ににているような?  続きを読む
Posted by フォックスロットデルタ at 20:31Comments(0)働くおじさんシリーズ