2016年09月18日

M360J SAKURA

気が付いたらもう9月も中旬です・・バタバタしている間にもう年末・・なんてパターンになりそうな予感が・・(汗

という訳で久々のネタは・・TANAKAの「M360J SAKURA」です。最初にモデルガンが発売されて、今回のガスガンという順番でした。例によってABS→HWの順番です・・で、その後にメタルフィニッシュとか何とか・・(w
なので,今回もじきにHWのガスガンが出るかと・・でもABSのガスガンでも実銃に近い重量だったので買ってしまいました。と、横にあるのはBLACKHAWK!のCQCホルスターのJフレーム用です。

どちらかというと,ホルスターの方がメインかも・・(w というか,国内でJフレーム用のCQCホルスター売ってるショップもスゴイんですが,誰が買うんでしょう?本職向ですかね~(w 後は極一部のマニア?(ww


M360J SAKURAは日本警察用モデルで,ベースはマグナム弾を発射可能にしたM360PDで,フレームにはスカンジウム合金,シリンダーにはチタンを採用した強化モデルです。
SAKURAの方はマグナム弾を使用しないので,シリンダーはSUS製になっています。グリップもニューナンブの後期型のようなフィンガーレスト付で,日本警察用としては外せないランヤードリングも追加されています。
外観はチーフというより、コルトローマンみたいな感じですね~ サイトもチーフ系のオマケみたいなサイトから,M10系の大きめのフロントサイトとリアサイトの溝もそれに合わせて広くなり,キチンと狙える形状になりました。
六角形の金具はインナーバレルのマズルレンチ,丸い鍵状の金具は,機械的にロックするセーフティキーです。

ホルスターです。このJフレーム用CQCホルスターはだれが買うんでしょう?コンシールドキャリイにはゴツそうだし・・

と,パッケージを良く見ると・・(not.357)の文字が・・まさか!という訳で・・・M360Jは微妙に入りません・・(汗 と,ここで終わりに出来ないのでちょっとだけ加工してみます。

ちなみに、もちろんですがM36 Airweightは普通に入ります。ランヤードと番号札付けると和風になりますね~(ww

この様に,内部のリブを2ヶ所削れば入るようになります。ってこの記事を参考にする人は・・現職の方ですかね?(ww 加工後はAirweightだとちょっとガタが・・使用には問題無い範囲かと・・

という訳で無事に収まりました・・(not.357)表記するという事はM360系用にも出すという事でしょうか??やはりランヤードと番号札は外せませんね~(w

並べると一目瞭然なんですが,バレルとバレル基部の形状が結構違います。SAKURAの方がマグナム弾使用前提のフレームなのでやはりゴツイ感じがります。日本警察の38口径の執行実包は何グレインなんでしょう?
どちらにしても,このサイズだと反動は凄そうです。そもそもJフレームでマグナム撃つなんて・・(汗 しかし,本家には無いグリップのフィンガーレストは効き目がありそうですね~

ニューナンブは生産終了しているので,これからはSAKURAがメインで使用されるんでしょうかね・・最近では一部オートもあるようですが,基本外勤警官はリボルバーが殆どなので・・最近ではニューナンブもあまり見かけなく
なったような?個人的にはあの3寸バレルのニューナンブが一番好きなんですけどねぇ~



同じカテゴリー(日本警察)の記事画像
信任状捧呈式 Ceremony of the Presentation of Credentials
対銃器装備
予備弾納
中盾
公用けん銃
M1917
同じカテゴリー(日本警察)の記事
 信任状捧呈式 Ceremony of the Presentation of Credentials (2016-02-10 22:36)
 対銃器装備 (2015-03-03 22:44)
 予備弾納 (2014-11-14 00:10)
 中盾 (2013-02-23 15:09)
 公用けん銃 (2013-02-13 21:06)
 M1917 (2012-03-05 20:59)
Posted by フォックスロットデルタ at 16:04│Comments(0)日本警察
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。