2017年08月13日

ARES L1A1 30rd Mag

当ブログでは珍しい鉄砲ネタです・・

今日は極々一部で流行している?ARES L1A1に30rd Magを付けるというのをやってみました・・・仲間内では実物を流用してる方が多数派です・・が、実物は高いし加工しにくいので
何かイイものが無いか探してみたら・・ありました!そのものズバリのブツが・・CA製のSA58用の1000連発!マガジンです! 1000連発って機関銃かよ!ってツッコミは置いといて・・・
とりあえず完成品がこちら・・(w 


やはりL1A1に30連弾装付けると無敵感が出ますね~ 5.56mm?なにそれ豆鉄砲?みたいな?(ww と、もちろんCA製のマガジンがそのままARESに付くはずもなく・・(汗

SA58用マグの方が若干長くて若干厚みが細いです・・なので,切っただけではグラグラです。と,作業中の写真はありません・・ブログにアップする予定は無かったんですが・・最近何もUPしてないので・・(汗

ARESのL1A1のマガジンには後部に突起があり,ここでマガジンキャッチの爪を受けるようになっています。SA58用マグはこの爪が無いので、切断した部分を流用して爪の形に削って接着しています。
若干細いので,そのままだとグラつくので,マガジンの縁にアルミテープを貼って隙間を調整してます。これも上手く貼ればフレームに隠れるので問題無いです!
実銃でもFALとL1A1のマガジンの互換性が無いのを再現してるのか!と言いたくなるほど形が違います・・って実銃ではL1A1にはFALのマガジンは使えて,FALにはL1A1のマガジン使えないんですけどね~(w

マガジン全面にも突起が入る場所があります・・がCA製には無いのでここも切り欠きます。ここにもアルミテープ貼ってあります。これも装填した時のグラつき防止です。

マガジン後部もARES製はかなり切り欠かきがあります。これはフレーム側の逃げですね。仕上げが汚いですが・・装填すれば見えなくなるので・・(汗

マガジン底部にはぜんまい用の窓があるのでアルミテープで蓋をして塗装してます。塗装はホームセンターで売っている200円弱の艶消し黒ですが・・塗装の荒さを出すために敢て遠くから吹いてザラツキ感を出しています。

と完成です!っておい!BB弾の給弾装置が無いじゃないか!って?個人的にはこの外見だけで十分満足なんですが・・多分給弾装置の内臓はKafuさんがもっとちゃんとした記事を書いてくれるかと・・(ww

ってこれ参考にしたいって思う人がいるんだろか?(www


同じカテゴリー(銃器)の記事画像
SA80A3(その2)
SA80A3
STV Scalable Tactical Vest(番外編)
Laser Light Module Mark 3 (LLM Mk3) その3
Laser Light Module Mark 3 (LLM Mk3) その2
STV&SA80
同じカテゴリー(銃器)の記事
 SA80A3(その2) (2018-07-23 17:58)
 SA80A3 (2018-05-15 22:35)
 STV Scalable Tactical Vest(番外編) (2018-03-06 23:32)
 Laser Light Module Mark 3 (LLM Mk3) その3 (2018-02-18 01:39)
 Laser Light Module Mark 3 (LLM Mk3) その2 (2018-02-16 22:01)
 STV&SA80 (2018-01-27 01:42)
Posted by フォックスロットデルタ at 02:12│Comments(2)銃器
この記事へのコメント
わ!ほんまにネタ振りぃ!FD さん、CA のマガジンから手に入れなければならなくなりましたやんか~。し、暫しお待ちを(^^;
Posted by Kafu'Kafu' at 2017年08月13日 19:55
どもです〜

強制コラボ企画…( ̄▽ ̄)
続きは宜しくお願いします〜(^^)
Posted by フォックスロットデルタフォックスロットデルタ at 2017年08月14日 07:03
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。